「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:美術館( 13 )

金沢21世紀美術館


4月、旧友と金沢で花見の約束をしていましたが、
私が思いっきり風邪をひき、花見は延期
先週、なんとか約束を実行しました。
待ち合わせは、「金沢21世紀美術館」
b0216301_20421381.jpg
この日は五月晴れの清々しい日
遠足の中学生も沢山です。

今回のお薦めは
「レアンドロ・エルリッチーありきたりの?」
b0216301_20530099.jpg
入り口すぐの光庭
b0216301_20512916.jpg
パンフは下から見た様子、↑は上から見た様子。
「レアンドロのプール」の愛称がある「スイミング・プール」
上に水が10cmほど張ってあり、
下に人が立って入れる空間が作ってあります。
下からの眺め?
空が眩しくて、クラクラします (^^;;
最新作7点を含む17作品、非日常なんだけど
すごく近くに感じたり、入り込んだり、楽しい作品群です。
b0216301_20471826.jpg
館内にいい感じで設置されてる椅子
どれも休憩用です。
ここは休憩し易い美術館です。
b0216301_20524414.jpg

「金沢の小屋においでよ!」
中村好文さんの企画展
これが見たくて❗️行きました。
b0216301_20503099.jpg
全景
b0216301_20501896.jpg
b0216301_20511081.jpg
エネルギーの自給自足を目指す小屋なんですが、
遊び心ありです🎵
小屋に魅了される人って多いみたいですね。
ル・コルビッジェは勿論、高村光太郎
立原道造(建築家でもありました)等
家って何だろう❓と、問われているのでしょうか。



b0216301_20531502.jpg
ミントデザインのパネル?展示も素敵でした。
「着る」事は日常に不可欠ですが、
けっこう悩ましい。
アッ、こう着るのか。。。なんて言いながら
楽しかったので、お薦めです(^^)






[PR]
by tomo-studio | 2014-05-12 20:12 | 美術館 | Trackback | Comments(2)

上野で洛中洛外図

秋も終盤ですが、
先日”上野で京都展”を見てきました。
b0216301_13421369.jpg

キャッチフレーズは"京都でも見ることのできないない京都"
b0216301_12232524.jpg

メインは7件の"洛中洛外図"
室町時代から江戸時代にかけての風俗画だそうですが、
御所や四条河原町・五条の橋を行き交う人たちが、
一人一人個性豊かに描かれていて、これをデジタル大画面で見れるのです!
今ですね♪♪♪

竜安寺石庭はデジタル大画面です。
ほぼ実寸大の16mのスクリーンで
雪がふり、桜が咲き、夏から秋へ
四季の移り行く映像は圧巻です(^^)

そして、京都でも見れない「二条城二の丸御殿黑書院」障壁画
実際にある配置で展示されています。
「松鷹図」を後ろにし、徳川慶喜公もこんな風な景色のなかで
大政奉還を家臣達に伝えたのかな。。。。。
と、歴史の中に入り込んでしまいました。



前日、タクシーの運転手さんが間違えて行ったパークハイアット!(暗い感じが好き)
窓から秋色の公園と一緒にみえます。
b0216301_13161723.jpg

クリスマスモードの結婚式ですね。
b0216301_13191634.jpg

サンタもお出迎え。
b0216301_1319368.jpg

お気に入りの伊勢丹メンズ館の「カフェ リジーグ」
オレンジのクレープジョーゼット。
b0216301_13201355.jpg

今回のお薦めスイーツです。


この日、教室に行く予定でしたが、ハプニングがあり
教室がお休みになったので、ちょっとのんびりしました。
教室へは、日帰りで改めて行き、次回ものを頂いてきました。
早くお見せできるよう、頑張ります*\(^o^)/*
[PR]
by tomo-studio | 2013-11-22 13:44 | 美術館 | Trackback | Comments(4)

明治の刺繍

b0216301_1555074.jpg

イセ文化基金30周年記念(たまごの伊勢さんで富山では有名です)
明治の刺繍絵画展 ~英国王室で愛された至宝~ を見に行ってきました。
この「明治の刺繍」 明治時代、日本の美術工芸品を欧米への
輸出産業として作られた作品ということでしたが、
金糸・銀糸・絹糸で作り出された刺繍絵画は、圧巻の言葉がぴったりでした。
日本刺繍の緻密さ・繊細さがすごくて
どうしたらこうなるんだろ???と、
ただただ、疑問符だらけでした(*_*)



b0216301_16101296.jpg

さて、やっと今週はお花見になりました。
歓送迎会に行く途中に1枚。
昨日・今日とお花見ランチも連チャンです。
今年はいつもの処でいつもとは違ったメンバーでのお花見。
お弁当は上司のおごり~~♪ 

明日からバクダン低気圧が来そうですから
今日で見納めですかね。
[PR]
by tomo-studio | 2013-04-05 17:00 | 美術館 | Trackback | Comments(0)

12月の東京②

b0216301_16345171.jpg

サントリー美術館で開かれてるデザイン展に行ってきました。

フィンランドで思い浮かべるもの
森・湖・ムーミン・サンタクロース・サウナ・白夜
最近、注目のフィンランド式教育にもちょっと興味です♪

今回はガラスの企画展でした。
北欧はガラスに優れたものがたくさんありますね。
展示作品の中にも普段何気なく使っているコップ・花瓶がありました。
優れたデザインに国境はないですね。
b0216301_16455341.jpg

さて、私の興味を惹いたガラスは、3階への階段下にあった鳥たち
ちょっと、九谷焼の雉を思い浮かべてしまいました。

出口付近の鳥たちも素敵。
b0216301_16461377.jpg

b0216301_16464884.jpg

少しづつ変化するもの、、まったく違うものに変化するもの
どちらにしてもガラスは魅力的。


帰り際の羽田は、良い天気。
b0216301_16411398.jpg

でもこの日、日本海側は雪。富山近くは厚い雨雲だらけ。
突然、ドッカ~ン!ピカッ!雷でした。
(窓から見える翼が光りました!)
こわ~~~生きた心地がしないものですね。。。。。。
b0216301_1783079.jpg

雲の下から現れたのは、雪景色のわが街でした。
やっと、少しとけたのに、今日からまた降りだしました。
今年は、どんな年なの。。。。。
[PR]
by tomo-studio | 2012-12-18 17:18 | 美術館 | Trackback | Comments(2)

軽井沢①

夏休みも最後、軽井沢に行ってきました。
日曜日はあいにくの雨で北陸道・上信越道ともに雨・雨
b0216301_20214646.jpg

妙高高原辺りはまだ稲が残っていて、
雨で稲が倒れそう・・・・稲刈りが大変!自分がするような心配を。

軽井沢・・・昨年出来た「千住博美術館」へ
b0216301_2048487.jpg

b0216301_20271288.jpg

入り口は秋モード
建物の設計は西沢立衛さん、建築界のノーベル賞と称されるプリツカー賞を
妹島和世さんとのユニットSANAAにて賞した俊英。
森の中に作品が一体となるイメージで鑑賞することが出来る空間を演出しているとか。
b0216301_20144763.jpg

中に入ると、ゆるい高低さがあり、庭には150種ともいわれる木々や花々。
そのせいか自宅にいるようなくつろいだ気分になる空間です。
b0216301_2051180.jpg

駐車場横には、浅野屋のセルフティールーム
小腹のすいた頃、パンが美味しい♪


今回は、現代アートをもう1箇所「軽井沢現代美術館」
b0216301_20571423.jpg

入場料に1ドリンク付き
りんごジュースorマリアージュ・フレールの紅茶
ちょっと、嬉しい気分になりますね。
人物が一緒に入っていればカメラOKということで
b0216301_21153292.jpg

ドットで有名な草間弥生さんの作品 珍しく淡い色合いです
b0216301_21154671.jpg

同じく草間さんで娘が選んだ作品
ともに私達をチョイ除きました。
b0216301_21185220.jpg

館内はこんな感じ
b0216301_2119514.jpg

窓に室内が映りこむのも好ましい
b0216301_21192816.jpg

二階からは、奈良美智さんの作品が!!
今回は直前まで工房展用の作品に手こずっていたので
すべて連れ合いのおまかせツアーでした。
でも、なかなかいいセレクト。
よい1日目となりました。
[PR]
by tomo-studio | 2012-09-24 21:33 | 美術館 | Trackback | Comments(0)

上野の森

ダイステッチ風マット、
新幹線の中で少しだけ刺しましたが、どこだかわかります?
b0216301_1364341.jpg


金曜日、上野で降りてみました。
b0216301_13173850.jpg

今年もフェルメールですね。
東京都美術館に「「真珠の耳飾りの少女」
国立西洋美術館に「真珠の首飾りの少女」
上野駅内チケット売り場は長蛇の列。
でも、西洋美術館前は待ち無しでした。(都美術館の並びだった?)
さすがに中はかなりの混雑。
ベルリン国立美術館収蔵の宗教画や彫塑はあんまりわからないので、
ちょっと飛ばして、人だかりの「真珠の首飾りの少女」を。
う~~ん、高そうなコート!!
こんな程度のコメント親子でした (+_+)
b0216301_13251922.jpg

オーギュスト・ロダン の 地獄の門
こちらも、暑くても魅力的。
世界に7つあるというけれど、あとは6つはどこにあるのだろ?

お昼を上野駅校内 「三代目たいめいけん」
b0216301_13461731.jpg

ハンバーグorクリームコロッケ?
まよって、これに~~  (#^.^#)
b0216301_13463570.jpg

デミグラスソースのオムライス
久しぶりのコロッケ、美味しかったです♪


b0216301_145840.jpg

銀座の靴屋さん2階カフェで、休憩。
前はPRADA、お客さんいない?いや、半パンの変なおじさんがひとり。。。。
人間ウオッチングは、たのしい♪

b0216301_146896.jpg

泊まったホテルの前は紙パルプ会館。
「稲のはさがけ」 は、ただの季節ものかな。。。。。。
コシヒカリ?酒米?なんでしょう。。。。。
[PR]
by tomo-studio | 2012-09-10 17:03 | 美術館 | Trackback | Comments(8)

紅型と手仕事展

日曜日、サントリー美術館で開催されている
「沖縄復帰40周年記念 紅型 BINGATA - 琉球王朝のいろとかたち -」をみてきました。
b0216301_16403794.jpg

b0216301_16411773.jpgb0216301_1639614.jpg













は国宝の紅型です。
よく知る色・柄ですが、王族や士族など特定階級の人達が用いた衣裳だそうです。
個人的には沖縄を想像させる青地に細かな柄などが好きです。
紅型はもともと好きな染物でしたが、琉球王家の庇護のもとに18世紀ころ成熟し、
王国の崩壊と第二次世界大戦の戦禍により、完全に衰退したことを
今回、はじめて知りました。
少し前に、NHKで放送していた”テンペスト”をみて、
王家の女性達が、染めや織りを自らされていたんだな。。。。
王家をあげて庇護したんだろう。。。。くらいは思っていましたが。
この企画展では3期にわけて、展示が入れ替わるらしいので
来月も、行ってみようとおもっています。
洋画家・岡田三郎助の蒐集した作品が中心となる松坂屋コレクションも
今回はじめて公開というので、興味のある方は、ぜひぜひ  !(^^)!


同じミッドタウン・ガーデン内のこちらで↓
b0216301_125929.jpg

東北の食と住「テマヒマ展」があったのでこちらも覗いてきました。
b0216301_12593251.jpg

コンクリート打ちぱなしのおしゃれな空間に
東北の手仕事が、並んでいました。
映像で、手仕事の出来上がる行程や和やかな仕事場の空気感が流れていました。
ゆっくり座って、お茶が飲めたらいいなぁ。。。。。
出口に少し、購入できる物もありましたが、
ほとんどは見るだけの物で、竹製品に興味をもった私には
購入先・連絡先などがわかりにくく、残念。。。。。な企画


昼食替わりのティータイムはジャン=ポール・エヴァンで。
b0216301_1319974.jpg

定番のショコラ フランボワーズと紅茶
ケーキは沢山あっていつも迷うのですが、
フランボワーズのすこ~しの酸味がやはり好き。
なかなかこの組み合わせから逃れられませんが、
次回はキッシュがメインのランチに挑戦しましょ  (^^♪
[PR]
by tomo-studio | 2012-06-22 17:00 | 美術館 | Trackback | Comments(2)

美術館でお花見 東京①

山種美術館の今月のキャッチコピーは「美術館でお花見」です。
先週、このコピーにのっかり山種へ行って来ました。
小さな美術館は作品数が限られるので、まぁ、あまり期待せずに行きました。
が、良かったです~~ 

お出迎えは、奥村土牛の「醍醐」
b0216301_11364479.jpg

切手にもなった有名な作品ですが、
この本物の木が見たくて、14・5年前に醍醐寺へ行ってきました。
支えが沢山してありましたが、土塀から大きく立ち上がった
それはみごとな桜の木でした。
今回は、本物の絵も見れ、満足~


絢爛豪華な桜は、橋本明治の「朝陽桜」
b0216301_11373924.jpg

皇居新宮殿正殿松の間を飾るために制作されたのだとか。
画伯 は、この朝陽桜を描くために全国各地の桜の名木をまわり、
そして最後に辿り着いたの が郡山市近郊にある天然記念物の「滝桜」なのだそうです。
「三春の滝桜」というほうが、有名でしょうか。
日本画には珍しい、くっきりとした描きようがとても好みです。

b0216301_20154785.jpg

こちらも、奥村土牛の作品「吉野」です。
春の柔らかな空気感、吉野にいるような錯覚にさせてくれます。
春はさくら
アートにどっぷりな時間でした。


美術館の入り口にあったセザンヌ展のちらし。
セザンヌの静物に惹かれて、絵が好きになったのです。
5月はここへ行きたい~~ (^^♪
b0216301_20153112.jpg

[PR]
by tomo-studio | 2012-04-25 12:38 | 美術館 | Trackback | Comments(2)

ガラス展and三山展

b0216301_0393877.jpg

先月ふたつの展覧会を見てきました。
ひとつは 「東山魁夷 ・杉山寧 ・高山辰雄 」日展三山といわれた日本画の巨匠たち展覧会です。
沢山の観覧者でしたが、休日とあって年代はさまざまでした。
東山画伯の作品は、いつ見ても清々としたものを感じますが、
今回はご自身の人生を四季に重ねて、作品を作られてると知ったので、
人生の終盤を描かれた「雪の山里」などの作品は、よけい胸に響きくものがありました。
b0216301_1224629.jpg

県立美術館前にある「マリノ・マリーニ」の作品
彫刻家は、彼とジャコメッティがお気に入り。

もうひとつは、「現代ガラス大賞展」
市内にあるガラス工房を少し前に訪れた時に知った展覧会。

りんご。。。
b0216301_1334533.jpg

花を入れるといいかな?
b0216301_141689.jpg

???いい?
b0216301_1424284.jpg

普通なお皿は、こうゆう場ではめずらしい。
b0216301_1464334.jpg

ご飯茶碗が型のようです。
b0216301_1485631.jpg

先のほうが細い口になっているので、水差し?好き嫌いがあるよね。。。
b0216301_1494847.jpg

縦の線が美しいけど、場所がよくないわ
b0216301_1501024.jpg

夏らしい企画のため、中学生の見学がうろうろ。

このあと、いい感じのお皿を階下のショップで発見。いつか買いに行こう。
[PR]
by tomo-studio | 2011-10-07 02:11 | 美術館 | Trackback | Comments(6)

ヨコハマ トリエンナーレ 2011

9月11日(日) 朝から真夏のようななか横浜美術館へ。
b0216301_11111462.jpg

今回が4回目の ”ヨコハマ トリエンナーレ 2011” 3年に1度行われてるそうです。
 ↑ モアイ像のような大きな作品がお出迎え。
後で知ったのですが誕生月分の12体あったようです。7月のモアイ像はどれだったんだろう?
b0216301_15182252.jpg

展覧会タイトルは「OUR MAGIC HOUR─世界はどこまで知ることができるか?─」
b0216301_1522306.jpg

入ると、うずまきがたくさん!イン・シンウジェンさんの作品
一人ひとりの衣類をすべて糸状にほどいてぐるぐる巻きにしたとか。
仏教における煩悩の数である、108人分がうずまき状に並べてあり、一つひとつをよく見ると、
adidas のタグがしおりのよう飛び出ています。
b0216301_15281215.jpg

オノ・ヨーコさんの作品    透明な迷路の中心に1台の電話が置いてあり、
オノ・ヨーコさんから突然電話がかかってくるというハッピーな作品。
2階でこの写真を撮っていたら、本当に電話がかかってきて!!中の人が慌てまくり!!の場面です。
一日に1度あるか、なしか・・・・の確立だそうです。
b0216301_15373749.jpg

上は画鋲を壁に刺して長方形を作った冨井大裕さんの作品。
普通の画鋲もたくさんあれば、アートです。
下は、ウィルフレド・プリエトの作品。
2800万個のイミテーションダイヤの山の中に1個本物のダイヤが隠れているというもの。。。ど・どこ?!!

雨を連想させた2作品
b0216301_15441758.jpg

こちらは音楽つきでした
b0216301_1544404.jpg

↓ イサム・ノグチもありました
b0216301_1545482.jpg

望遠鏡の先に見えたものは、観覧車。遠目にはなにもない場所のようでしたが。。。
b0216301_15452195.jpg

このほか、横尾忠則氏の「Y字路」シリーズの絵画や荒木経惟氏(アラーキーといったほうがわかりやすい)
の大渦時(=マジック・アワー)など、よく知られた方達の作品もありました。
作品の大半は、よ~くわからないものでしたが、現代美術というとっつきにくさはなく
普通の私達もとっても楽しめる展覧会になっていました。
今回は、4会場の1つしか見れなかったのですが、会期が長いのでまた行きた~~い (^^♪

この後はランドマークのHARBSでランチがわりのお茶を。
b0216301_161531100.jpg

久しぶりのミルクレープとチョコバナナタルトに絵を撮り忘れ、ショーケースの写真に (~_~;)
[PR]
by tomo-studio | 2011-09-17 16:20 | 美術館 | Trackback | Comments(10)